食事で勃起不全対策

EDという言葉をよく聞きます。
EDとは、英語のErectile Dysfunctionのことで、日本語では「勃起障害」または「勃起不全」と呼ばれています。
つまり、ペニスが起たなくなることです。
そのため、男性であることに自信をなくしたり、女性とのセックスができなくなってしまう男性もいます。
そのために、多くのサプリメントや薬が出ていますが、ここでは、食事で勃起不全を改善してみましょう。

そもそも、なぜ、食事で勃起不全が改善するのでしょうか?そのためには、勃起の仕組みを理解する必要があります。
ペニスには筋肉を持っていません。
そのため、肛門近くにあるPC筋とBC筋が筋肉の役目をします。
まず、男性は性的興奮を覚えると、BC筋といわれる筋肉が、勢いよくペニスに血液を送り込みます。
そして、すぐにPC筋がそれに栓をして持続力を持たせます。
ペニスの血が流れ込むところを海綿体といいますが、ペニスの勃起力は海綿体が血液でパンパンに満たされた状態だったのです。

これらをスムーズにしてやるための食事を考えることが勃起不全対策の食事になります。

まず、性的興奮を覚えにくい人は、精子量を増やす亜鉛をとる必要があります。
例えば、牡蠣・うなぎ・チーズ・レバー・豆腐などです。
亜鉛には、男性ホルモンの働きを正常化する働きが有るといわれていますので、性的興奮を高めるのに役立ちます。

また同時に、これらの食品を取るときに、動物性脂肪の摂り過ぎにならないように注意してください。
なぜなら、動物性たんぱく質は、肥満や悪玉コレステロールを増加させ、血液の流れを悪くして、ペニスの海綿体への血流が悪くなってしまうからです。
すると興奮はしますが勃起をしない状態になります。
それらを避けるためには、血液をサラサラにする食事を心がけます。
血液をサラサラにする食物としては、納豆、玉ねぎ、魚などがあります。
一方で、動物性たんぱく質を増やして、結構の流れを悪くしてしまうものとしては、マーガリンやショートニングなどが含まれている食べ物、ファーストフード、コンビニの弁当などがあります。
一般に洋食といわれているものには動物性たんぱく質が多く含まれています。
反対に和食といわれているものには、動物性たんぱく質が少なく、ED対策の食事としては最適といわれています。
そこで、洋食を避けて和食を心がけるようにするとよいでしょう。
特に和食の基本には一汁三菜といわれビタミン、ミネラル、アミノ酸をバランスよく摂る食事になっています。
これらをバランスよくとることで血液がサラサラになり、海綿体に血液が流れやすくなり、勃起不全を防ぐことができます。

■勃起不全になったらザイデナで治療
■ED治療薬と言えばこの薬
バイアグラの最安価の通販情報をお届け
■長時間効果を持続させるED治療薬
メガリスは効きめは36時間!何度でも勃つ!
勃起の持続力を向上させる薬

ページトップへ