勃起不全に効果アリの治療は薬の服用と生活改善

勃起不全の治療を受けられるのは医療機関だけです。
治療法の多くは問診を受けてから、ED治療薬の処方を受ける方法です。
勃起不全は陰茎の病気だと認識する方が多いですが、実際は血流障害から起こることがほとんどです。
勃起不全に効果アリのED治療薬も、陰茎の血行を促進することが目的です。
力強い勃起のためには、陰茎に血液を集める必要があるのです。
性的興奮を覚えると陰茎に血液が集中しますが、血液がドロドロの状態だと十分に集まりません。
その結果、硬さが不十分だったり、中折れしたりするのです。

勃起不全の具体的な治療は、ED治療薬の服用と生活改善です。
両者を並行していかないと、EDを治すことはできません。
薬物治療はいわば対症療法であり、効果アリなのは性行為中だけです。
根本的に改善させるには、EDの原因となる悪習慣を取り除いていく必要があります。
EDを引き起こしている原因については、自分では判断が難しいです。
血行不良がEDを引き起こすケースが多いですが、何か原因で血行不良を引き起こしているか特定するには医師の診断が必要です。

勃起不全の原因には、ストレスの問題もあります。
心因性のEDと呼ばれる症状は非常に多く、特に働き盛りの男性に顕著です。
社会生活において、最大のストレスは仕事からくるストレスです。
それには疲労、経済的な悩み、人間関係など、実に多くのストレスがあります。
心因性の症状に対しては、精神安定剤が効果アリと判断され、医師から処方されることが多いです。
ストレス性のEDの場合は、ストレスが解消すれば自然と治っていきます。
根拠のない民間療法はリスクがあるので避けましょう。
民間療法を行ってトラブルが生じても、すべて自己責任となります。

ページトップへ